若ハゲ部下の苦労話

はじめまして、若干おでこがM字気味の男です。私の部下ですが、24歳ですでにかなりハゲています。いわゆる、若ハゲというやつです。私と一緒にクライアントに行くと、必ず私の先輩だと思われます。なので、私が部下にタメ口で話していると、私がかなり失礼な人間に見えることもあるみたいです。

 

そんな、部下が言っていた若ハゲで苦労する3つの話を教えます。一つ目は、やはり実年齢よりも年上に思われることです。

社会人としてはまだまだ未熟なのに、見た目がベテランに見えるからクライアントから自然と高い要求を求められることがあるそうです。二つ目は、視線が気になることです。

 

真面目な話をしているはずなのに、相手の視線が上の方を見ていることが多いそうです。「あー俺の頭見てるなぁ」と思うとなかなか相手の話に集中できないらしく、自分もどこを見ていいかわからなくなるみたいです。最後、三つ目は合コンに誘われない。

 

男の幹事が女性陣にいい恰好をしたいときは、必ずと言っていいほど誘われないみたいです。仮に誘われても、相手の女子が自分のハゲをいじっていいのかわからず微妙な空気が流れたりすることが多いみたいです。以上、私の部下から聞いた若ハゲの苦労話でした。

若ハゲ部下の苦労話関連ページ

足の甲に痛みで整骨院へ
サッカーをしており、足の甲に痛みが走り、整骨院に通いました
ある日、コンビニでワキガ臭
いつも利用している、地元のコンビニへ買い物に行ったある日のこと。 レジに並んでいたら、ふわっ、むわっと漂ってくるワキガ臭・
糖尿病などの病気になると体臭がきつくなることもある
病気にもよるとは思いますが、病気になることで体臭がきつくなる場合もあるんですね。例えば、糖尿病にもそのような傾向があるようです。
汗が手のひらに出る方です
汗が手のひらに自分も出る方です。特に緊張する場面やちょっと怖い時などは結構ビショビショになります。
まずは清潔に保つこと、そしてこすらない。でニキビを増やさない
ニキビができてしまったら、増やしたくないし、早く治したいですよね。まずは、清潔に、保つということで、身の回りを注意してみましょう。